マネー
読む目安5

平均収入は年齢・性別でどう違う?都道府県での差は? 働き方を考えるために知りたいこと

自分の収入は人と比べて高いのか、低いのか?知りたい気持ちがあっても、友達に「いくらもらっているの?」とはなかなか聞けないですよね。そんなとき考えるための指標になるのが平均収入です。厚生労働省から『賃金構造基本統計調査』が毎年発表されており、性別や年齢階級別、地域別の平均収入を知ることができます。この記事では、2023年3月に公表された『令和4年賃金構造基本統計調査』をもとに平均収入についてお伝えします。(本記事では、同調査の「賃金」を「収入」と読み替えています)

目次


  1. 平均収入のピークは50歳代後半 男女差は月13.6万円に
  2. トップは東京、最下位の青森とは月13万円近い差! 都道府県別平均収入
  3. 若い世代では収入の男女差は小さい
  4. 正社員・非正規雇用など働き方の違いも収入に影響

平均収入のピークは50歳代後半 男女差は月13.6万円に

男女のそれぞれの年齢階級における平均収入(月収)を見ていきましょう。

年齢

男女計(円)

~19歳

184,200

187,700

178,400

20~24

218,500

220,500

216,300

25~29

251,200

259,300

240,800

30~34

281,000

297,000

254,000

35~39

312,500

335,800

268,200

40~44

333,700

363,600

275,600

45~49

349,200

388,100

278,500

50~54

364,700

410,900

279,200

55~59

370,000

416,500

280,000

60~64

295,600

321,800

237,300

65~69

257,600

274,500

216,200

70~

238,100

245,900

217,800

出典:令和4年賃金構造基本統計調査の概況/第2表 性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び年齢階級間賃金格差(厚生労働省)

平均収入のピークは男女とも55~59歳で、男性は416,500円、女性は280,000円でした。この年齢階級では、女性の平均収入は男性の3分の2にとどまり、男女差は136,500円に及びます。

男性はピークを越えた後、ガクンと下降しています。女性の場合は、全年齢階級を通じ、平均収入の上昇も下降も緩やかです。女性の収入が安定していると見ることもできますが、むしろ女性の収入が、広い年代を通じて低く抑えられていると言えるかもしれません。

トップは東京、最下位の青森とは月13万円近い差! 都道府県別平均収入

平均収入は都道府県によってどれくらい違うのでしょうか。都道府県別の平均収入(月収)についてお伝えします。

順位

都道府県

平均収入(円)

 

順位

都道府県

平均収入(円)

 

順位

都道府県

平均収入(円)

 

順位

都道府県

平均収入(円)

1

東京

375,500

 

12

三重

296,600

 

24

福井

283,500

 

36

愛媛

267,300

2

神奈川

335,600

 

13

栃木

296,600

 

25

山口

283,200

 

37

高知

265,200

3

大阪

330,900

 

14

福岡

296,500

 

26

石川

283,100

 

38

佐賀

265,000

4

愛知

312,600

 

15

広島

296,100

 

27

香川

282,800

 

39

鳥取

263,800

5

兵庫

312,300

 

16

静岡

294,200

 

28

富山

281,200

 

40

島根

263,100

全国平均

311,800

 

17

岐阜

292,700

 

29

徳島

277,100

 

41

秋田

259,100

6

奈良

310,600

 

18

和歌山

288,000

 

30

大分

275,100

 

42

鹿児島

256,000

7

千葉

309,000

 

19

山梨

287,700

 

31

新潟

275,000

 

43

山形

254,600

8

京都

305,600

 

20

岡山

285,200

 

32

熊本

270,300

 

44

岩手

252,300

9

茨城

305,200

 

21

長野

285,200

 

33

福島

267,900

 

45

沖縄

252,000

10

埼玉

305,200

 

22

群馬

284,400

 

34

長崎

267,700

 

46

宮崎

249,600

11

滋賀

303,800

 

23

宮城

284,200

 

35

北海道

267,700

 

47

青森

247,600

出典:令和4年賃金構造基本統計調査の概況/第7図 都道府県別賃金(男女計)(厚生労働省)

都道府県別でみると、収入が全国平均(311,800円)よりも高かったのは5都府県(東京、神奈川、大阪、愛知、兵庫)でした。最も高いのは東京(375,500円)、最も低いのは青森(247,600円)で、その差は127,900円もありました。働く地域によって平均収入に大きな違いがあることが分かります。

地域によって、物価や家賃など生活にかかるコストに違いがあり、平均収入が高い都市部では生活費も多くかかることが考えられるため、収入の高さが暮らしの豊かさに直結するかどうかは一概に言えません。ただ、特に東京の平均収入の高さが際立っており、地方から東京に人が集まる一因とも考えられそうです。

若い世代では収入の男女差は小さい

次に、新卒で就職した場合の収入について見てみましょう。

 

高校卒

専門学校卒

大学卒

183,400

207,000

229,700

177,600

216,600

227,200

出典:令和4年賃金構造基本統計調査の概況/第9表 新規学卒者の性、学歴別賃金及び対前年増減率(厚生労働省)

学歴による差はありますが、男女差に着目すると、専門学校卒では女性が216,600円で、男性の207,000円を上回っていることが目を引きます。先ほど見た年齢階級における平均収入でも、20〜24歳の男女差は4,200円でした。若い世代では、性別による収入の差はあまりないと言えます。

2022年12月に発表された文部科学省の学校基本調査によると、大学学部における女子学生の割合は過去最高の45.6%で、ほぼ半数に迫っています。収入の違いを生む大きな要因である学歴も、男女でかつてほどの差はなくなってきました。今の若年層は、男女の違いなく同じように学び、キャリアのスタート時には同じくらいの収入を得るようになっていると言えるでしょう。ただ、この世代が今後、中堅・ベテランになった時に、男女の収入の格差が解消されているのかどうかは不透明です。

正社員・非正規雇用など働き方の違いも収入に影響

年齢による収入の変化を見ると、平均収入のピークは男女とも50代後半ですが、金額の男女差はおよそ1.5倍にも及んでいます。都道府県別では、トップの東京と最下位の青森の間には、やはりおよそ1.5倍、金額にして約13万円の差がありました。一方で、新卒時には男女による極端な収入の差は見られませんでした。

ここまで紹介したのはあくまでも平均値であり、実際の収入は人によって大きく異なります。順調にキャリアを重ねられるのか、正社員か非正規雇用かといった働き方の違いも収入に大きく影響するでしょう。先に述べたように、地域によって生活にかかるコストや暮らしやすさにも違いがあり、単純に収入が高い都会がよいと言えるものではありません。

ここで紹介した平均値をもとに、自身の収入や働き方について考えてみてはいかがでしょうか。

▼参考資料

  • 令和4年賃金構造基本統計調査の概況(厚生労働省)
  • 令和4年度学校基本調査 調査結果のポイント(文部科学省)

関連タグ

働き方