ライフデザイン
読む目安10

いま食べたい 家で作れるあったか鍋5選

あったか鍋

3月に入ってもまだまだ寒い日が続いています。そんな時は暖かい部屋で温かいものを食べたくなります。中でも鍋料理は年齢を問わず、幅広い方々に親しまれているのではないのでしょうか。そこで今回は、LINEリサーチが2022年に10~60代の男女約5,000人に行った調査をもとに、「家で簡単に作れる あったか鍋5選」をご紹介します。鍋につきもののシメや、おなじみの鍋の意外な地域差もご紹介します。

目次


  1. 鍋の王道 甘辛くてうまみたっぷり すき焼き
  2. 独特の辛さで体ぽかぽか キムチ鍋
  3. あっさりヘルシーで女性に人気 鶏だし鍋
  4. 好きな具材を入れて自分だけの鍋に 寄せ鍋
  5. 独特の食感と風味を楽しむなら もつ鍋
  6. まだまだ寒い時期にはやっぱり鍋料理

鍋の王道 甘辛くてうまみたっぷり すき焼き

鍋料理で真っ先に思い浮かぶのがすき焼き、という方も多いのではないでしょうか?LINEリサーチの調査では、すき焼きが一番人気となりました。牛肉や野菜をグツグツと煮る様子を想像するだけでお腹が空いてきますよね。醤油ベースの甘辛い肉や野菜を、溶き卵と絡めて食べるすき焼きは、老若男女に親しまれている鉄板の鍋料理です。少し奮発して高級和牛を入れれば、さらに特別感を演出できます。

割り下で煮込む関東風、牛脂で肉を焼いてから味付けする関西風と、大人になってから地域差に驚いた方もいるのではないでしょうか。江戸時代に農耕具の鋤(すき)の上で肉を焼いたことからその名がついたという説もあります。シメにはうどんを入れることが多いですが、残りを使って親子丼にするという人もいます。食材のうまみを最後まで楽しめる、とっておきの鍋料理です。

独特の辛さで体ぽかぽか キムチ鍋

キムチ鍋は、本場・韓国では「キムチチゲ」と呼ばれています。「チゲ」は朝鮮半島で鍋料理の総称です。LINEリサーチの調査では、特に30~40代で人気でした。

豚肉や肉団子、魚介類、野菜、豆腐と一緒にキムチを入れ、コチュジャンや唐辛子で味付けをすれば、キムチ特有の辛さとうまみが染み込んだ具材を味わえます。キムチやコチュジャンがなくても、最近はキムチ鍋のレトルトスープが市販され、おうちで簡単に作ることができます。ニラやニンニクを入れて、スタミナたっぷりにするという人もいます。辛さで体が温まるので、寒い季節にぴったりの鍋料理の1つです。

あっさりヘルシーで女性に人気 鶏だし鍋

LINEリサーチの調査で、女性に一番人気だったのが「鶏だし鍋」です。特に20~40代の女性に高評価でした。あっさりした鶏のだしで、比較的カロリーの低い鶏肉と野菜を煮込めば、ヘルシーでボリュームたっぷりの鍋になります。きのこや豆腐、ウィンナー、水餃子など、お好みの具材を入れても楽しめます。

鶏ガラや昆布で時間をかけてだしを取る本格レシピもありますが、家で気軽に楽しむなら、顆粒の鶏ガラスープのもとや市販の鶏だしスープを使うのがお手軽です。

好きな具材を入れて自分だけの鍋に 寄せ鍋

寄せ鍋とは、「鳥・魚・貝・かまぼこ・野菜・豆腐などを鍋に入れ、汁を多くして煮ながら食べるもの」(広辞苑から)。具材やスープにも、これといった決まりはないようです。

各地でご当地の様々な具材が入れられ、北海道ではサケやホタテ、関東ではタラ、九州では鶏肉が人気です。近畿ではくずきりを入れることも多く、シメには四国ではうどん、長崎ではちゃんぽん麺が親しまれています。

「寄せ鍋」という名前の通り、好きな食材を持ち寄ってオリジナルのレシピを作れるのも、寄せ鍋の魅力の1つでしょう。冷蔵庫で余っている食材を入れれば、フードロス削減にもつながりそうです。みんなで食材を持ち寄って、鍋を囲んでみてはいかがでしょうか。

独特の食感と風味を楽しむなら もつ鍋

もつ鍋は牛や豚のホルモンとキャベツやニラを煮込んだ鍋料理です。福岡・博多で終戦後にアルミ鍋でホルモンを煮たのが始まりと言われ、今では全国で親しまれています。お酒に合うという声も多く、寒い時期に温かい鍋と冷えたビールを楽しむのも良いですね。

他の鍋料理と比べるとシンプルですが、ニンニクや唐辛子を入れて、風味を変えて味わうこともできます。もつ鍋用のホルモンはスーパーや精肉店、通信販売などで入手でき、ホルモンの独特の食感と味わいを家でも手軽に楽しめます。

まだまだ寒い時期にはやっぱり鍋料理

寒さがまだまだ続く時期にはやはり、体を温めてくれる鍋料理が食べたくなるもの。今回ご紹介した5種類の鍋は、どれも体を中からぽかぽかにしてくれる栄養たっぷりの料理です。スタンダードなレシピで楽しむも良し、好きな具材を入れたオリジナルレシピにアレンジするのも良し。冷える時期ならではのごちそう鍋を家族や友人と囲んで、寒さを乗り越えてはいかがでしょうか。

出典: LINEリサーチ「好きな鍋のスープ・つゆの味1位は「すき焼き」。鍋のシメはうどん?ご飯?」

関連タグ

趣味